1z0-574 dumps 700-039 exam 1Y0-401 examCitrix Real Exam Questions - 100% Free VCE Files 1Y0-201 pdf 200-355 pdf 1z0-047 pdf 70-496 exam Axis AX0-100 Practice Questions Provider 70-533 exam 810-403 exam 300-206 exam 70-461 exam hp0-s41 dumps 640-916 exam Professor Messer's CompTIA N10-006 exam Network+ 200-105 pdf 400-051 exam 300-370 70-646 exam 1z0-574 dumps 700-039 exam 1Y0-401 exam 200-105 dumps 100-105 dumps 300-135 dumps 210-060 pdf 400-251 dumps 200-105 dumps 200-105 dumps 100-105 dumps 300-135 dumps 210-060 pdf 400-251 dumps 70-480 dumps Microsoft Real Exam Questions - 100% Free VCE Files 70-243 dumps Microsoft Real Exam Questions - 100% Free VCE Files 070-489 dumps Microsoft Real Exam Questions - 100% Free VCE Files 70-486 dumps Microsoft Real Exam Questions - 100% Free VCE Files

「四国アイランドリーグ」へのパッション

2016年シーズン、パシフィックリーグの首位打者争いを独走している角中勝也。
彼は2006年、ドラフト7位指名で千葉ロッテに入団、初の独立リーグからのドラフト指名選手だった。

column

角中は日本航空第二高時代には甲子園出場はかなわず、中央球界には全く縁がなかったため、卒業後門をたたくこととなったのが、創設間もなかった、日本初の独立リーグ「四国アイランドリーグ」である。
そこで当時高知ファイティングドッグスの監督であった、藤城和明氏に見出され、その年のドラフトで指名でされたのである。
いわば独立リーグ設立の意義を代表する選手であり「いつかは俺も角中選手のように…」と独立リーグに所属している選手たちの、羨望の的となっている。

そんな独立リーグを立ち上げた男こそ「ミスターレオ・石毛宏典」である。

isige07

華々しい現役時代もさることながら、指導者・解説者として野球人の経歴を邁進していた彼が、自らを顧みず独立リーグを立ち上げたのは2004年のことである。
海の物とも山の物ともつかない、独立リーグの立ち上げ。
どうして彼は先陣を切っていったのか?
それは球界随一、野球に対する情熱を持つ男ならではであった。

野球をする少年たちの夢「プロ野球選手」
その道は、高校・大学・社会人で活躍し見いだされること。
しかし、不況の影響で社会人野球は休部が相次ぎ、その道筋の1つは狭き門となってしまった。
自身も社会人野球からプロになった石毛は、
「一野球人として、NPB目指す若者たちに別の道筋を開いてあげたい!」
その思い1つに、独立リーグ設立を具現化していったのである。

資金面では苦しく、多くの人からは冷ややかな目でみられた。
しかし肝胆を砕きつつ、様々な援助によって独立リーグを立ち上げたのだ。
若者たちを指導し、公での実践の場を与え、それに対して報酬を払う。
監督・コーチにはプロ野球OBを招き、野球人のセカンドキャリアとしての場も提供する。
まさに老若全ての野球人の、夢舞台への足がかりを創ったのである。

今でこそ、一株主として一線を引いたが、もし石毛がいなければ、角中や又吉が球場を沸かすことはなかったであろう。

NPBという団体が実現すべきことを、個人で実行・成功できたのは、彼の誰にも負けない「パッション」があったからこそだ。

競技者として殿堂入りは当然であるが、日本初の独立リーグに設立に尽力した、その功労でも野球殿堂入りは当然ではないだろうか…?


あなたがコメント一番乗りです!

コメントを残す

メールアドレスは公開されません


*