1z0-574 dumps 700-039 exam 1Y0-401 examCitrix Real Exam Questions - 100% Free VCE Files 1Y0-201 pdf 200-355 pdf 1z0-047 pdf 70-496 exam Axis AX0-100 Practice Questions Provider 70-533 exam 810-403 exam 300-206 exam 70-461 exam hp0-s41 dumps 640-916 exam Professor Messer's CompTIA N10-006 exam Network+ 200-105 pdf 400-051 exam 300-370 70-646 exam 1z0-574 dumps 700-039 exam 1Y0-401 exam

幻の本塁打がジャンボを生んだ

天才投手・池永正明と西鉄に同期入団したのが尾崎将司だった。

jumbo-2

徳島県立海南高等学校から大型投手として入団したのだが、池永氏とのレベルの違いを感じた尾崎は3年目のシーズンに打者に転向を余儀なくされた。
体の大きさを生かし長距離砲として期待を背に日々練習を重ね、2軍で4番を貼るほどの実力つけていった。
そして1967年の1軍の近鉄戦に出場、努力の末掴んだチャンスの打席で放った一打は、レフトポール隅への痛烈なホームラン性の当たりだったが、判定はファールだった。

「もしこの1打がファールでなかったなら、尾崎の野球人生を絶対に変わっているよ!」

と言い切ったのが、ベンチで見ていた池永氏だったという。
悩み続け試行錯誤を繰り返していた尾崎を、身近でみていた池永だからこそ感じるものがあったそうです。

その後尾崎氏のバットから快音は聞けず、そのまま退団しゴルフの世界に君臨していくのですが、
一つのファールボールという小さな出来事がきっかけで、野球人からゴルフ界の帝王を生んだこのエピソードから、改めて野球の底の深さを知らされました。

現在も池永・尾崎氏は親しい友人として親交を温めているそうです。

jumbo


あなたがコメント一番乗りです!

コメントを残す

メールアドレスは公開されません


*