1z0-574 dumps 700-039 exam 1Y0-401 examCitrix Real Exam Questions - 100% Free VCE Files 1Y0-201 pdf 200-355 pdf 1z0-047 pdf 70-496 exam Axis AX0-100 Practice Questions Provider 70-533 exam 810-403 exam 300-209 exam 70-461 exam hp0-s41 dumps 640-916 exam Professor Messer's CompTIA N10-006 exam Network+ 200-105 pdf 400-051 exam 300-370 70-646 exam 1z0-574 dumps 700-039 exam 1Y0-401 exam 70-480 dumps Microsoft Real Exam Questions - 100% Free VCE Files 70-243 dumps Microsoft Real Exam Questions - 100% Free VCE Files 070-489 dumps Microsoft Real Exam Questions - 100% Free VCE Files 70-486 dumps Microsoft Real Exam Questions - 100% Free VCE Files

独立リーグとマスターズリーガー

前回、四国アイランドリーグの成り立ちについて軽く述べましたが、
四国アイランドリーグとマスターズリーグは、創設当初から密接の関係でした。

2005年4月に開幕した四国アイランドリーグ。
当時は11月~1月の間でマスターズリーグが開催されていたことと、
創設者の石毛氏がマスターズリーグに所属していたため、
多くの影響をもたらしました。

column

まず事務局スタッフを四国アイランドリーグに派遣し、基盤づくりの補助や、リーグ運営のノウハウを助言しました。

そしてマスターズリーグによって、プロ野球OBの交流が盛んに行われていたため、個人の指導力の適性を知る良い機会が、石毛氏に設けられていました。

その結果、藤代和明・芦沢真矢・西田真二・小野和幸、4人のマスターズリーガー達は四国アイランドリーグの初代監督となり、坊西浩嗣・森博幸・沖泰司・高山郁夫・柳田聖人・定詰雅彦の6名は、初代コーチに就任しました。

その後、1年で四国アイランドリーグを去った者もいれば、西田氏のように現在も(12年目)監督を続けている者もいます。
また高田氏のように、アイランドリーグからソフトバンク、オリックス、中日とコーチを転々と活躍している者もいます。

多方面で、アイランドリーグに携わってきたマスターズリーガー達ですが、
現役時代はさほど成績を残せなかった選手でも、マスターズリーグにおける選手間の交流によって、野球への情熱を再燃焼し、自身の技術論・指導者論を昇華したことによって、指導者としての道が開けたことを実証しているのです。

今現在、マスターズリーグに所属する選手で独立リーグの監督をしているのは、
高知ファイティングドッグス・駒田徳広、群馬ダイヤモンドペガサス・平野謙。信濃グランセローズ・本西厚、そして西田真二の4名。

マスターズリーグを足がかりに、NPBを目指す若者たちの夢を一緒に追いかけていることが、事務局一同誇らしい気持ちでいっぱいです。


あなたがコメント一番乗りです!

コメントを残す

メールアドレスは公開されません


*